英会話での単語の重要性と必要な単語数

英会話の勉強をする人の中には、「まだまだ単語力が足りない」と感じている人もいるかもしれません。

今日は、単語を地道に覚えるのが苦手…そもそも英会話に単語は必要なのか…、そしてどのくらいの単語数があればいいのか…などの疑問をお持ちの方に向けた内容です。

たかが単語、されど単語。単語が十分でないと英会話はうまく成り立ちません。

この記事のポイント

・単語力が足りない方
・どれくらい単語を覚えればいいのか
・そもそも英会話に単語が必要なのか

目次

英会話での単語は基礎中の基礎

英会話での単語力というのは、非常に大切な要素です。

いわば英語力の根幹をなすものであり、単語を知らないとどんなに文法を理解していても発音ができても文化を知っていてもうまく話せません。

一軒家を建てる時をイメージしてみてください。土地を用意して設計図を作り大工さんに来てもらっても木材など家を建てる材料がなければいつまで経っても家は完成しません。

英会話における単語というのはその骨組みであり、それが無いと何も始まりません。

①単語は推測できても限度がある

英会話での単語の立ち位置を述べる際によくいわれるのが「単語はある程度推測できるから覚える必要はない」ということ。

確かにそれも一理ありますし、全部を暗記するのは不可能に近いです。ただ、推測できるのはある程度の単語力がある人のみで、基礎の単語力がない人はそもそも推測すること自体難しいです。

例えば、パズルではまっているピースが多ければある程度は推測できると思いますが、全くピースがない最初の状態ではどんなに頑張っても推測だけでは無理があります。

それと同じで英会話で単語を推測するのも基礎的な単語力がある人のみができることで、単語力が全くない人が同じようにできるわけではありません。

②丸暗記が話す際に役に立つ

英単語の勉強をする際にどうせ丸暗記してもすぐに抜けてしまうと思う人もいるかもしれませんが、英会話での単語というのは丸暗記でOKです。

英会話に限らず単語というのはそういうもので、「table」という単語を見た時におそらく一瞬でその意味を理解できるはずです。これはその単語を丸暗記しているからで単語を見て意味を考えて話すとなると会話はできません。

丸暗記をしても使わなければどんどん忘れてしまうでしょう。ただこの単語数をできるだけ増やし、確実な知識にするために使って頭でしっかり暗記したいものです。

単語は英会話をする上で大切な要素になるというのはわかっていただけたと思います。では、実際に英会話をする際にはどのくらいの単語数があれば十分なのでしょうか。

英会話で求められる単語数

まず前提として、英会話でのレベルによって必要な単語数は異なります。

それぞれのシーンに合わせて順番に解説します。

日常会話

普段の日常会話では、大体2,000語程度といわれています。数字だけ見ると多いと感じるかもしれませんが、我々が中学卒業までに習う単語数は約1,500語、高校卒業までに習う単語数は約3,000語です。

この中には、「in」「on」「for」など誰でも知っているような簡単な単語も含まれているので、実際はそんなに多い単語数ではありません。

ビジネス

仕事上で必要とされる単語数は大体3,500~10,000語とされています。

幅があるのはビジネス業界によって求められる単語数が異なるからで、意外に少ないと思われるかもしれません。

ネイティブ

ネイティブが知っている単語数というのは成人の人で20,000~30,000語とされており、10歳の子供でも10,000語を知っているようです。

流石にネイティブにもなるとかなりの単語数になりますが、先に述べた通り日常会話など簡単な英会話であればそこまで多くの単語数は必須ではありません。

英会話で使える単語の覚え方

では実際、単語はどのように勉強していけばいいのでしょうか。

ポイントを3つご紹介します。

①習慣化しやすい勉強環境を作る

単語は一度勉強して終わりではなく、コツコツこなしていくことが大きな成果につながります。

そのため、自発的に勉強できるような環境作りが大切で例えばいつでも持ち歩いているスマホなどが便利でしょう。スマホアプリを使うことで効率的に単語の学習が行えます。

②興味のある分野から学ぶ

長い目線で学習していく必要のある単語なので、いかに継続させることが鍵です。

そのためにまずはあなた自身が興味のある分野の単語に絞って暗記していくのも良い手段でしょう。

料理が好きな人なら料理に関する単語、スポーツが好きならスポーツ分野など興味のあるものから始めてみてください。

③就寝前の時間を使う

人間は夜寝ている間にその日の出来事を頭の中で整理します。

記憶もその1つで就寝する前に単語を暗記することで確実な知識へとつながるでしょう。

英会話で必要な単語数は2,000語程度!効率的に学習しよう

いかがでしたか?今日は、英会話での単語の重要性と必要な単語数についてでした。

特に日常会話などでは思ったよりも少ない単語数だったかもしれませんが、単語数が十分でないという人はまずは単語の勉強に取り組んでください。

単語の効率的な覚え方については「初心者必見!英会話で使える単語の覚え方」で詳しく解説していますので、ぜひご参考ください。

\クリックして応援よろしく/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
目次
閉じる