ブログは読まれなきゃ意味がない!読まれる記事の書き方とは?

ブログ収益化を目指し、日々更新作業を続けている人の中には、

読者

「頑張って記事を書いているのに読まれない・・・」
「離脱率が高すぎる・・・」
「広告のクリック率や成約率が低すぎる・・・」

という悩みを抱えている人もたくさんいるでしょう。

もしかしたら、その原因は「読まれる記事を書けていない」からかもしれません。

そこで今回は、読まれるブログ記事の書き方というテーマについて詳しく解説していきます。

目次

読まれないブログ記事の特徴は?

まずは、読まれないブログ記事の特徴から詳しく見ていきましょう。

1つでも当てはまっている場合、今のまま記事を書き続けても収益やアクセスに繋がらない可能性が高いため、今すぐ改善していく必要があります。

改行していない

ブログ記事を書くときに、改行を一切行わない人は意外とたくさんいます。

「読まれるブログを書くためには、改行することが大切です。なぜなら、改行をしないと読んでいる人が疲れてしまいますし、読んでいる所がどこかわからなくなり、ストレスを感じてしまうからです。適度に開業を入れることで、文章にまとまりができるだけではなく、ユーザーへのストレスも軽減することができますので、読了率も上がってくるのです」

どうですか?

非常に読みにくいですよね。

まだこの文章量だから良いのですが、これが1000文字、2000文字と続くと読み手は段々イライラしてきます。

ユーザーは一個人のブログを、ストレスを抱えてまで読みたいとは思っていないため、

読者

「読みにくいな」
「どこまで読んだっけ」

という無意識のストレスがかかると、離脱してしまうのです。

このようなことを防ぐためにも、適度に改行を入れて、読みやすさを重視しましょう。

日記のようにダラダラと書いている

一昔前は、日記のような記事でも収益化をすることができました。

しかし、ライバルのレベルが上がり、人々のネットリテラシーが向上した現代では、日記のような記事では効率的に稼ぐことができません。

有名人であれば話は別ですが、どこの誰かもわからない一般人の日記を最後まで読みたいと思う人はかなり少数です。

また、グーグルも専門性の高いサイトや記事を上位表示させる傾向にありますので、このような点からも日記のようにダラダラと書くのではなく、要点をまとめて簡潔に書いていくことが大切と言えるのです。

導入にインパクトがない

ブログ初心者は、

読者

「とにかく本文が大事」

という考えを持っているケースが多いです。

確かに、本文で読者の悩みや課題を解決してあげることができれば、読了率を高めることができ、最終的にアフィリエイトなどの成約率も上がってくるでしょう。

ただ、本文をしっかり読み込んでもらうためには、導入文で読者の心を掴む必要があります。

導入文でインパクトを掴むためには、意外性を大切です。

例えば、

ピピ

「実はこんな方法で悩みを解決できるんです」
「何気なくやっている○○、実は健康に悪いって知っていましたか?」

などです。

このような導入文を作れば、ユーザーのもっと知りたいという気持ちを掻き立てることができるため、読了率の上昇に繋げられるのです。

読まれないブログ記事を量産しているとどうなる?

では、知らず知らずのうちに読まれない記事を量産していると、一体どうなってしまうのでしょうか。

起こり得るリスクやデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

検索順位が下がる

記事の読了率、専門用語でページ滞在率と呼んだりもしますが、ユーザーがどれくらいそのページに留まっているのかというのは、検索順位に影響します。

例えば、滞在率が1秒の記事と、滞在率が1分の記事では、明らかに後者の方が読み込まれていることがわかりますよね。

グーグルもこのような滞在率をしっかりと見ていますので、滞在率が長いと、

このページはよく読まれているな。ということはユーザーに役立つ記事なんだな

と判断をして、検索上位に表示してくれることがあるのです。

逆に、一瞬でユーザーが離脱するページは、役に立たないと判断されてしまうため、検索順位が落ちてしまう可能性があります。

広告リンクに気づいてもらえない

アフィリエイト広告は、基本的には記事の中盤あるいは終盤に貼るのがセオリーです。

中には、記事最下部にアフィリエイトリンクを掲載している人もいるでしょう。

しかし、記事の滞在率が1秒、あるいは10秒程度であれば、記事を最後までしっかりと読んでもらえていないことになります。

こうなってしまうと、広告リンクに気づいてもらえず、収益に繋がらなくなってしまうのです。

読まれるブログ記事を書くコツは?

では、読まれるブログ記事を書くためのコツとは一体何なのでしょうか。

構成を考えてから書く

ブログ記事を書くときに、いきなり本文を書こうとしている人も一定数存在します。

これをやってしまうと、

読者

「何を書きたかったんだっけ」
「これさっきも書いたな」
「言っていることが記事の前半と後半で矛盾しているぞ」

という状態になってしまいます。

読まれる記事、わかりやすい記事を書くためには、まずは記事の構成を作らなければなりません

本文を書く前に、タイトルや見出し、各見出しに記載する内容などを決めておくことで、後は見出しに肉付けをしていくだけとなりますので、まとまりのある文章を作りやすくなるのです。

見出しにはキーワードを入れる

ブログで上位表示するためには、SEOを意識しなければなりません。

SEOというのは、検索エンジン最適化の略称で、簡単に言ってしまうと記事を上位表示するための施策を指します。

SEOを最適化するためには、キーワード選定を行って、そのキーワードの検索上位に表示されるように記事を作りこんでいく必要があります。

やるべき施策やコツはたくさんあるのですが、最も簡単なのは、

ピピ

「タイトルや見出しにキーワードを入れる」

ということです。

例えば、

ピピ

・ブログ 記事 書き方

というキーワードで上位を狙いたいのであれば、タイトルや見出しにこれらのキーワードを自然な形で盛り込んでいかなければなりません。

また、本文の中にもあくまでも自然な形でキーワードを盛り込むことができれば、上位表示できる可能性が更に高くなります。

文体を統一する

文章を書いたことがない人、あるいは慣れていない人の中には、

・~です、~ます

・~だ、~である

を混同してしまう人がいます。

例えば、

「文体は絶対に統一するべきです。

文体がごちゃ混ぜになってしまうと、不自然な記事になってしまうのだ。

文体を統一することで、すらすらと読めるわかりやすい記事が出来上がるため、最後まで読んもらえる可能性が高くなります。

このようなことから、~です、~だ、は混同せず、必ずどちらかに統一するべき

どうでしょうか?

かなり違和感がある文章ですよね。

ユーザーは文章や記事の内容に違和感があると、すぐに離脱します。

~です、~だ、どちらを使っても問題ないのですが、必ずどちらかに統一するようにしましょう。

~です、~ますは連続してい使わない

ブログを書くときは、語尾をできるだけ連続させないようにしましょう。

これは初心者だけではなく、ブログ中級者もやってしまいがちなミスです。

例えば、

「同じ語尾を連続させると、文章がかなり不自然になってしまいます。

文章が不自然だと、ユーザーが離脱する可能性がたくなります。

ユーザーの離脱率が上がるということは、記事を最後まで読んもらえないということになります。

読みやすく、わかりやすい記事を書くためにも、語尾を連続させないということが大切と言えます」

少し無理やり文章を作りましたが、どこがおかしいかわかるでしょうか?

上の文章では、全ての語尾に「~ます」がついているのです。

これは、ユーザーに無意識にストレスを与える文章の典型例となりますので、同じ語尾は最大でも2連続までに抑えましょう。

PREP法を意識する

ブログ記事を書くときには、PREP法が役立ちます。

PREP法というのは、

・Point→結論

・Reason→理由

・Example→例

・Point→結論

の略称です。

この順番で書くことで、ユーザーの興味や関心を引き出せるようになりますので、最後まで記事を読んでもらえる可能性が高くなるのです。

もちろん例外もありますが、最初のうちはこの型を意識して記事を書いてみてください。

記事を書き終えたら自分で音読する

記事を書き終えた後、何もせずに投稿ボタンを押してしまう人がいます。

しかし、これでは誤字や脱字、文章のねじれなどに気づくことができなくなってしまいます。

読まれる記事を書くためには、このような細かい文章チェックが非常に大切になってくるのです。

ただ、自分が書いた記事を黙読すると、誤字や脱字などに気づけない場合がありますので、一度声に出して音読してみることをおすすめします。

そうすることで、不自然な箇所を効率的に発見でき、より質の高い記事に仕上げていけるようになるでしょう。

ブログ記事を書くときに意識すべきことって何?

最後に、ブログ記事を書くときに初心者が意識すべきことを、いくつか紹介していきます。

とにかくユーザーファーストを意識する

読まれる記事の書き方というのは非常に奥が深く、初心者が1日や2日でマスターすることはほぼ不可能です。

また、一度に様々なことを意識して文章を書こうとすると、逆に作業効率が悪くなってしまう可能性もあります。

このようなことから、最低限のコツやルールは意識すべきなのですが、あまり難しいことは考えず、とにかくユーザーファーストの記事を作ることに集中しましょう。

ユーザーファーストというのは、文字通り読者に役立つ記事、悩みを解決しやすい記事のことを指します。

グーグルもこのユーザーファーストをかなり重視していますので、読み手のことを考えて記事を作成していくことで、

・アクセスアップ

・収益増加

・検索順位アップ

などに繋がっていくでしょう。

「売ろう」という意識を前面に出さない

ブログ初心者の中には、商品やサービスの押し売りのような記事を書いてしまう人がいます。

例えば、

「絶対に勝ってください!」

「今買わなきゃ損です!」

というような内容の文章です。

このような文章を書けば売れやすくなると思っている人もいますが、これは逆効果です。

人間は、「買ってくれ」と言われると、買いたくなくなる生き物なのです。

大切なのは、商品やサービスを押し売りするのではなく、その商品やサービスを購入した後の未来を想像させることです。

例えば、

「このイヤホンは防水仕様ですので、雨の日でも気軽に使うことができます。また、ワイヤレスとなっていますので、ランニングなどの際もストレスフリーで使えるのです」

というように解説していけば、

「ちょっと買ってみようかな」

「毎日ランニングをしているし、イヤホンがあった方がいいな」

というように、ユーザーの購買意欲を引き立てることが可能になります。

まとめ

どれだけ記事を量産しても、その記事がユーザーに読まれなければ収益には繋がりません。

読まれる記事を書くためにはいくつかのポイントがあり、今回紹介したことを意識してい書いていかないと、

ピピ

・意味の分からない文章

・読むにあたってストレスを感じる文章

・ユーザーの心に響かない文章

が出来上がってしまい、すぐに離脱されてしまう可能性が高くなるのです。

そのため、これからブログを始める人や、ブログに伸び悩みを感じている人は、今回紹介したことを参考にしながら、質の高い記事を量産していきましょう。

\クリックして応援よろしく/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
目次
閉じる