初心者必見!英会話で使える単語の覚え方

「英語を話せるようになりたい」と思った時に、心配になってくるのが単語を覚えるのは大変そう…ということです。

実際、暗記という一点だけで英語に苦手意識を持っている人もいるかもしれません。でも実は、少し工夫をするだけで英単語学習のハードルを限りなく低くすることができます。

この記事のポイント

・英語を話せるようになりたい
・簡単に実践できる効果的な英単語の覚え方が知りたい
・英語の苦手意識がある方

今日は、初心者でも簡単に実践できる効果的な英単語の覚え方について解説します。

目次

英会話で使える単語の覚え方

どれも難しいものではありません。順番に解説します。

①単語は声に出して覚える

まず最初にお伝えしたいのが覚えたい単語はとにかく声に出して読むということです。

発音やアクセントに注意しながら口に出す練習をすることで、英会話のシーンで自然と英語が出てくるようになります。

また英単語を声に出して読むことで、自分の声とはいえ耳を英単語に慣らすことにもつながり、英会話に欠かせない「スピーキング力」と「リスニング力」両方を鍛えられます。

まずは単語帳の文字を見ながら、アクセントや発音も覚えこむつもりで何度も繰り返し発声し、慣れてきたら文字を見なくても正しいアクセントや発音で発声できるか自分をテストするつもりで声に出してみましょう。

目的意識を高めることで、英単語の記憶への定着率を飛躍的に高めることができるようになります。

②同じ単語帳を何周も繰り返し使う

いざ気合を入れて単語帳を買ってみて最初のページをめくってみたけれど、それから何ページもいかないうちにやめてしまった…という経験はありませんか。

それは単語を一度で覚えようとしてしまっているからで、人の脳にはせっかく頑張って覚えたものでも24時間以内にその半分を忘れてしまうという特徴があります。

そのため完全に忘れてしまう前にもう一度同じ単語に触れることで記憶を呼び覚ますことができます。

「一度で覚えきる」という固定観念は捨てて、同じ単語に何度も繰り返しぶつかることで脳に英単語を定着させるという意識を持ってください。

1周目は声に出して読みながら数日で終わらせ、すぐに2周目に入ります。

そうすることで、単語によって覚えているものと忘れかけているものがあるはずなので、2周目以降は忘れかけていた単語、不安な単語を重点的に読み込むことで効率よく学習を進められます。

③例文ごと英単語を覚えよう

英会話に直結する単語の覚え方に、例文ごと英単語を覚えるという方法もあります。例文をある程度覚えることで、その例文をアレンジしながら会話ができるようになります。

確かに考えてみれば、私たちが普段日本語を話せるのもそれまでの人生でたくさんの例文を覚えて使ってきたからです。

単語帳の例文ごとに英単語を覚えることで、英会話力を伸ばすことができるでしょう。

④好きな分野の文章を読んでみる

ある程度英単語を覚えて英語に慣れてきた頃におすすめしたいのが、実際に文章を読んでいく中で英単語を覚えていくというやり方です。

今はネット上で無料の英文記事をたくさん探せますし、その中から興味の湧いたもの・短くて読みやすそうなものを選んでみましょう。

その時のお供にしてほしいのが英英辞典です。日本語の場合の国語辞典のように英単語の説明が英語でされている辞典を英英辞典といい、使用者のレベルに合わせて様々なものが発売されています。

その中でも初心者におすすめしたいのが、ロングマン現代英英辞典です。

英語学習者向けの英英辞典の中でもやさしい英語で書かれており、中学校卒業レベルの英語力があれば無理なく使うことができます。

英英辞典を使うことで英語を英語のまま理解することができ、より高いレベルでの英語学習ができるようになります。

その文章を声に出してスラスラ読めるように練習すれば、英語を話す訓練にもなります。

⑤就寝前などスキマ時間を利用して覚えよう

ここまで、初心者の方におすすめしたい英単語の覚え方として、

・英単語を声に出して読み、口と耳から覚える
・単語帳は何周も繰り返して、忘れやすい脳に定着させる
・例文ごと英単語を覚えて使える英単語を増やす
・好きな分野の文章を、英英辞典を使いながら読む

という方法をご紹介しました。

最後にお伝えしたいのは、英単語はスキマ時間を活用して覚えようということです。

英語や英会話の勉強を始めたばかりの頃に長時間の勉強をしようとすると苦痛になってしまい挫折につながるかもしれません。

また、繰り返し同じ単語に触れることで覚えやすくなるという脳の特性からみても、1日2時間の勉強を週一回だけするよりも1日5分ずつ毎日学習をした方が脳へのより高い定着が見込めます。

夜の就寝前などは特に脳に記憶として残りやすいといわれているので、その時間を使ったり日中のちょっとしたスキマ時間を積み重ねることで着実に成果は現れると思います。

まとめ

いかがでしょうか?今日は、英会話で使える単語の覚え方についてでした。

社会人の方などはまとまった英会話の勉強時間を確保できないこともあると思うので、毎日コツコツやっていくことを意識して勉強に取り組んでいきましょう。

今の時代勉強するならオンライン

\クリックして応援よろしく/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする
目次
閉じる